皮膚科での大人ニキビの治療とは?

jyoi

10代の頃の思春期に出来るニキビは、ほおやひたい、

眉間などに出ることが多いのですが、20歳過ぎて出来る大人ニキビは、

口やあご周りなどのフェイスラインに多く出来るようになります。

ニキビができたと思ったら、鏡を見るたびに気になりますよね。

でも大人ニキビは、睡眠不足、環境の変化、

体の疲れなどの肉体的・精神的なストレスの影響による

ホルモンのバランスの乱れが原因なのです。

洗顔や化粧品などの力を借りても、なかなか治らないという方は少なくありません。

それに、大人ニキビは治ったと思ったらまた出来て、

その繰り返しをする方が多いうえに治りが遅いのです。

「大人ニキビといっても所詮ニキビだから」とほったらかしていると、

化膿したり跡が残ってシミになったりします。

「なかなか治らないなぁ」と感じたら、皮膚科に行くことをオススメします。

最近は皮膚科でもニキビ外来として専門としている病院もあります。

皮膚科でのニキビ治療は、主に抗生物質やビタミン剤などの飲み薬や塗り薬、

漢方薬などの処方があります。

慢性化した大人ニキビの場合は、塗り薬だけで直すことは難しいようです。

それは、毛穴の出口がふさがれている状態なのでニキビが出来てしまうからなのです。

ですから、そういう状態で薬を塗っても薬が毛穴の奥まで浸透しないのですね。

また、大人ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れがあります。

ストレスや不規則なっ生活習慣からお肌のターンオーバーが乱れてしまって

古い角質が溜まってしまい、毛穴が狭くなって詰まりやすくなってしまいます。

そのため、ターンオーバーを整えたり、皮膚の免疫を高めたりする

漢方を処方することもあります。

そのほかには、ニキビを早く直し、また陥没や色素沈着をなどの

ニキビ跡を残さないようにピーリングを行うこともあります。

保険が適用される場合が多いのですが、保険適用外の治療もあります。

実際に治療する場合には、ご自分でよく費用を確認することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加