大人ニキビのためのスキンケア

face2

10代のころにできるニキビは、過度な皮脂が原因ですが、

20歳過ぎてからできる大人ニキビは様々な原因で出来てしまいます。

10代の頃のニキビは、丁寧な洗顔で治ることが多かったのですが、

大人ニキビはとても頑固で治りにくいのです。

10代の頃のニキビとは、原因が根本から違うからなのですね。

大人ニキビができる原因は、「お肌の乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」によって

古い角質が毛穴に詰まってしまうからなのですね。

その対策としては、保湿で乾燥を予防したり、

規則正しい生活を送ることでターンオーバーの乱れを防ぐことなのです。

予防対策をして大人ニキビを作らないことが最善の策です。

10代の頃のニキビのアクネ菌は、油を栄養として繁殖するので、

油分の多い化粧品を付けると、ニキビが悪化することもあります。

ですので、ニキビ肌の方はオイルやクリームは控えた方がいいですね。

「ニキビができるから、化粧水しかつけない」という方を時々いらっしゃいますが、

それは大きな間違いなんですね。

お肌が乾燥しすぎると、角質が厚く、硬くなってしまうので、

かえって毛穴をふさいでしまいのです。

ですから、なるべく水分を与えて、お肌を柔らかく保つことが

ニキビ対策としては大切です。

余分な皮脂は洗顔ですっきり落として、

油分の少ない保湿美容液をつけたほうがいいですね。

また洗顔の際は、抗生剤や強力なアクネケアの洗顔料を使わないほうがいいのです。

それは、このような薬や洗顔料を使うとアクネ菌を除去できるのですが、

もともと自分のお肌にいる善玉菌まで除去されてしまうので、

お肌のバリア機能までも低下してしまうからなのです。

基本的に洗顔料は無添加で、お肌に優しいものを使ったほうがいいですね。

お肌が本来持っている自然治癒力で治すということなのです。

洗う時には、ネットでしっかり泡だてたうえで優しく洗ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加